個人輸入代行通販で購入できる不眠症・うつ病の医薬品一覧

不眠症とは、個人が生活において必要なだけの睡眠時間を確保できないくらいに眠ることができないことや、寝てもすぐ目が覚めて疲れがとれないことなどの症状をいいます。また、症状には個人差があり、週に何日かは眠れないという人もいれば、毎日のように眠れないという人もいます。
原因としては、日々のストレスや精神的疾患、他の病気における薬の副作用やカフェインのとりすぎなどが挙げられます。このように、不眠症の原因も人それぞれなので、まずは原因を特定した上で、それぞれに適した対策を行うことが重要になります。
不眠症は日常生活に支障を来すこともあるので、自覚症状がある場合には、速やかに医療機関などで治療をすることが大切です。

不眠症の原因

不眠症で悩んでいる方もいるでしょう。不眠症の原因としては、ストレスなどが原因になることもあります。また、病気、または怪我などの外傷などによるもの、また、頻尿なども原因として考えられます。
また、アルコール、カフェインなどによるものや薬などでも副作用などから、不眠症などになる場合もあります。
ストレスなどの場合には、できるだけストレスを溜め込まない生活をすることが大切です。ストレスを軽減していけるように、日々、改善を心がけましょう。
また、病気、怪我などによる場合には、治療をしていくことで、不眠症が改善されることもあります。
アルコールやカフェインなどが原因となる場合には、お酒、コーヒーなどアルコールやカフェインなどの含むものを控えるようにすることで対策をしましょう。

不眠症の症状

不眠症と一口に言っても、症状は人によって様々です。その症状は大きく分けると、寝つきが悪いタイプと、寝ている最中に目がさめてしまうタイプの二種類があります。寝つきが悪いタイプの不眠症だと布団に入ってからもなかなか寝付けず、深刻になってくると、寝付けないのでないかと不安になるあまり、布団に入ること自体が怖くなってしまうこともあります。寝ている最中に目がさめてしまうタイプの不眠症は、夜中に何度も目がさめてしまいます。一度目がさめてからも再び寝つくまでに時間がかかり、寝られたとしても熟睡感を得ることは難しいです。両方のタイプとも睡眠時間の合計が少ないため、日中に眠気や頭痛などに悩まされることになり、心身共に大きなストレスを受けることになってしまいます。

不眠症の治療方法

不眠症の治療方法は複数存在しており、主には薬を使わない非薬物療法と睡眠薬等を用いておこなう薬物療法と分類されます。
不眠症の要因は不安やストレス、体内時計の乱れ、間違った睡眠習慣など原因は多様に存在しており、生活パターンに合わせて治療をおこなうことがベストです。
非薬物療法としては主に定期的な運動や規則正しい生活、寝室環境の改善などでおこないます。普段の生活を大きく見直すことで治療することがほとんどになります。治療にはお金もかからず治療できる点がメリットであるが、仕事や育児でなかなか実践できない方も存在します。
薬物療法での治療は主に不眠症のタイプに合わせて睡眠導入剤や睡眠剤を使用して治療しています。

メラトニンとは

メラトニンとは脳の松果体から分泌されるホルモンの一種です。日中、強い光を浴びると分泌量は減少し、夜になって暗くなってくると分泌量が増えます。メラトニンが血圧や脈拍、体温を下げることによって体は睡眠の準備ができたと感じ、睡眠へと向かいます。このため生活リズムの乱れなどによってメラトニンがうまく分泌されないと、不眠症などの睡眠障害の原因となります。
睡眠を促す効果があることから、アメリカ合衆国ではメラトニンを成分に含むサプリメントが広く一般に販売されています。ところが、日本においては原則的に製造や販売が認められていません。そのため、日本でメラトニンのサプリメントを入手するためにはアメリカに旅行した際に購入するか、個人輸入の形で入手することになります。

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類として、入眠障害タイプ向け、中途覚醒向けタイプ、早朝覚醒タイプなどがあります。いずれも作用時間が異なり、例えば入眠障害タイプは作用時間が短く、早朝覚醒タイプは作用時間が長いと言う特徴があります。なお、作用時間が長いタイプは、日中の眠気やだるさを感じることもありますので、そのような場合は、主治医と相談して、お薬を変更してもらうなどをしてください。
一般医薬品(OTC薬)での睡眠薬は「ジフェンヒドラミン」と言う物が使用されている「睡眠改善薬」が販売されています。
「ジフェンヒドラミン」は、もともと鼻炎などに使用されていましたが、副作用として眠気が問題でした。その副作用を主作用としたのが「睡眠改善薬」です。しかし耐性が短期間で発生すると言われていますので、やむを得ず使用する場合は短期の使用(2~3日)にとどめ、それ以上は、医師に相談して医療用の睡眠薬を使用した方が安全です。

ページの先頭へ