ここ数年「AGA」ってよく耳にするようになりましたね。

「AGA」について「ハゲのことでしょ?」くらいに思っている人は多いと思います。

まぁ、正解です。

「AGA」とは正確には「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」の略です。

今ではハゲは治療できるんです。

しかし、AGA治療薬には2種類の効果・役割の違う成分があるって知ってますか?

一つは「フィナステリド」もう一つは「ミノキシジル」。

それぞれで役割がはっきりと分かれているんです。

また現在ではそれぞれにジェネリック医薬品も作られています。

ここではAGA治療薬にはそれぞれどんな効果やジェネリック医薬品があるのか紹介していきます!

フィナステリド

AGA治療薬プロペシア

フィナステリドはもともとは前立腺肥大の薬でした。

しかし、副作用として脱毛予防に効果があると認められ、作られたのが「プロペシア」というAGA治療薬です。

脱毛予防効果がある、ということはつまり「生やす力はない」ということです。

ハゲる前に食い止めるのに用いるのがフィナステリドなのです。

しかし、AGA治療薬は継続して服用することで効果を得られるので効果が現れる前に抜けてしまった分は帰ってきません。

また服用し始めてどのくらいで効果が現れるかは人によってバラバラです。

1ヵ月や3ヵ月で効果を得られる人がいる一方、半年や1年でやっと効果を実感できたという人もいます。

そこで嬉しいのがジェネリック医薬品ですね!

継続して使用していくと金額にかなりの差が出ます。

フィナステリドを含有するAGA治療薬のジェネリックで有名なものは「フィンペシア」や「フィンサバ」等が挙げられます。

どちらもジェネリック医薬品ですから、プロペシアと同じ効果が期待でき、かつ安価で購入できるので非常に人気です。

フィナステリドを含有するプロペシアまたはジェネリック医薬品には眩暈や性欲減退、勃起機能不全等の副作用の報告がありますが、いずれも発現率は低くなっています。

ミノキシジル

AGA治療薬ミノキシジル

ミノキシジルは元来は血圧降下剤でしたが、発毛効果があることがわかり「ロゲイン」が発売されました。

フィナステリドの「脱毛予防」に対しミノキシジルは発毛効果があるAGA治療薬です。

ミノキシジルは「生やすけど留めておく力はない」ということです。

脱毛の進んでしまっている方は生えたところで抜け落ちるのも早いのでせっかく生えても髪が育ちません。

しかし、フィナステリドとミノキシジルは併用が可能ですので、ミノキシジルで生やしフィナステリドで留めるという使い方が一番効果的です。

そして、ミノキシジルも長期的な使用が必要です。

「両方を長期的に使うとなるとさすがにコストが・・・」となるのは必然で、やはりジェネリックに頼る方がいいでしょう。

せっかく生えてきたのに経済的な理由で使用をやめてしまってはもったいないですからね。

ミノキシジルのジェネリックでは「ツゲイン」や「ロニタブ」などが有名です。

ツゲインは直接塗布する外用薬で生やしたいところにピンポイントに効かすことができる一方、塗りムラが出るのが難点です。

ロニタブは錠剤なので使用が楽でムラが出ることもありませんが、体毛が濃くなる可能性があります。

AGA治療薬紹介まとめ

AGA治療薬の効果やジェネリックの種類を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

一番大事なのは「フィナステリド=脱毛予防」と「ミノキシジル=発毛効果」というの効果の差です。

どちらも副作用があるということも覚えていてください。

そして、どちらも効果を得られるまでに時間がかかるということも。

しかし、ジェネリックを使えばコストは相当抑えられます。

あなたに合ったやり方で若々しい毛髪環境をキープしてください!